カスペルスキーのCSR

情報モラル診断サービス

カスペルスキーと静岡大学が共同開発、
小中学校教員向け「情報モラル診断サービス」を無償提供

「教育委員会向け管理機能」を追加

情報モラル診断サービス

カスペルスキーは、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授と共同で開発した「情報モラル診断サービス」を、全国の小中学校を対象にWebを通じて無償で提供を開始します。

「情報モラル診断サービス」は、小学校4年生から中学校3年生の児童や生徒を対象にインターネットの利用状況やモラル、セキュリティ、法などに関する質問を検定形式で実施し、結果をわかりやすく可視化することで、実情に沿った効果的な指導に役立つ教員向けのWebサービスです。全国対比や分布図などのデータの活用により、今、必要な指導を行うことが可能になります。ネット依存、ネットいじめ、犯罪被害の防止にむけて、児童・生徒のネット利用や意識・知識の状況を踏まえたきめ細かい指導を支援します。

  • 質問画面

    質問画面

  • 教師専用ページ・トップ画面

    教師専用ページ・トップ画面

  • 教師専用ページ:診断結果分布図

    教師専用ページ:診断結果分布図

  • 教師専用ページ:全国対比グラフ

    教師専用ページ:全国対比グラフ

【対象】

全国の小中学校(小学校4年生から中学校3年生)

【概要】

  • 児童・生徒が4ジャンル(使用状況、モラル、セキュリティ、法)からランダムに出題された25問に回答します。検定形式で、80点以上が合格です。
  • 児童・生徒は「生徒用マイページ」で、回答結果と解説、診断履歴が確認できます。
  • 教員は「教師専用ページ」で、事前にクラス情報や児童・生徒情報(新規登録、編集、パスワードリセット、診断履歴)の登録や、問題および解説を確認することができます。また、診断結果分布図、クラス別全国対比のグラフを見ることができます。

【申し込み】

「情報モラル診断サービス」公式サイトよりお申し込みください。
http://www.netmoral.net/

「教育委員会向け管理機能」を追加

教育委員会向け管理機能は、教育委員会が管轄する地域の小中学校における「情報モラル診断サービス」の結果を、集計・分析し一元管理を可能にします。地域全体のインターネット利用状況や知識レベル、モラルの習得状況やトラブルなどを把握したいというニーズに対応するために開発し、すでに2つの教育委員会で採用が決定しています。

診断結果はExcel形式のレポートとして出力することができ、地区全体の集計結果や学校ごとの学年別集計結果をグラフで表示し、全国平均と比較することで、管轄区域の状況を客観的に把握できます。またレポートは、行政機関や教育機関等への報告書類や、学校・保護者へのお便りなどへ活用することも可能です。

  • 教育委員会向け管理機能サイト画面

    教育委員会向け管理機能サイト画面

  • 診断結果レポート(所属校全体の結果)

    診断結果レポート(所属校全体の結果)

  • 診断結果レポート(学校ごとの学年別集計結果)

    診断結果レポート(学校ごとの学年別集計結果)

【対象】

市・区の教育委員会(診断対象は小学4年生〜中学3年生)

【概要】

教育委員会が管轄する地区の小中学校で実施した「情報モラル診断サービス」の診断結果をレポート形式で出力、集計・分析し一元管理できる機能

  • 診断結果レポート
  • 診断結果をグラフで表示し全国平均と比較
  • 地区全体、各学校ごとに集計・分析が可能
  • 各学校ごとのレポートでは、学年ごとの結果を比較
  • レポートはExcel形式でダウンロード可能
  • 診断対象生徒のアカウントを一括作成
  • 各学校の教員が作成している診断対象生徒のアカウントを一括で作成、教員の負担を軽減

【価格】

2017年3月まで:無償 無償提供期間終了後:以下の価格で提供予定
1〜30校まで: 1校2万円/年、31校目以降は1校1万円/年
例)50校をご利用いただく場合
    30校×2万円+20校×1万円=80万円/年

【申し込み】

「情報モラル診断サービス」公式サイトよりお申し込みください。
http://www.netmoral.net/

  • カスペルスキーのCSR
  • 女性限定:第5回KASPERSKY After 7 Seminar(東京)
  • セキュリティとモラルのガイドブック
  • ガイドブックを使ったセキュリティセミナー無償キット提供中
  • スマホのある子育てを考えよう
  • ジュニアスマホ検定
  • 情報モラル診断サービス
  • 法人向けパートナープログラム

pageTop