カスペルスキーのCSR

ジュニアスマホ検定

カスペルスキーと静岡大学が共同開発、
小中学生と保護者向け「ジュニアスマホ検定」を無償提供

情報モラル診断サービス

「ジュニアスマホ検定」は、カスペルスキーのインターネットセキュリティ分野の知見と、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授の情報モラル教育の専門性をもとに開発された、小学校4年生から中学校3年生の子どもとその保護者を対象にした検定サービスです。

スマートフォンなどでのインターネットの利用状況やモラル、セキュリティ、法などに関する質問を検定形式で実施します。子どもは受検を通じてインターネット利用時の基礎知識を学ぶことができ、一方、保護者も受検することで、子どもとの基礎知識のギャップを把握できます。検定結果をもとに子どもと保護者が話し合い、スマートフォンの利用ルールを決めることにも役立ちます。

  • 画面サンプル

    画面サンプル

  • スマホ利用ルール画面

    スマホ利用ルール画面

  • 合格証書画面

    合格証書画面

【対象】

小学校4年生から中学校3年生とその保護者

【概要】

検定は2種類あり、小学校4年生から6年生を対象にした「基本」は16問(受検時間は約10分)、中学生を対象にした「上級」は25問(同、約20分)が出題されます。
受検結果が80点以上の場合は合格証書が画面上に表示され、印刷もできます。

【申し込み】

「ジュニアスマホ検定」公式サイトよりお申し込みください。
https://www.sumaho-kentei.jp/

  • カスペルスキーのCSR
  • 女性限定:第5回KASPERSKY After 7 Seminar(東京)
  • セキュリティとモラルのガイドブック
  • ガイドブックを使ったセキュリティセミナー無償キット提供中
  • スマホのある子育てを考えよう
  • ジュニアスマホ検定
  • 情報モラル診断サービス
  • 法人向けパートナープログラム

pageTop