開催レポート KASPERSKY Over Lunch Seminar

After 7 Seminar

  • 2017.11.20

    ポルトガル&セキュリティ基本の「き」:KASPERSKY After 7 Seminar 第25回 開催レポート

    2017年10月26日 開催

  • 開催概要
    ミニセミナー

    『もっと知りたいポルトガル!』

    講師

    株式会社メルカード・ポルトガル 取締役、バイヤー 毛利 宏乃さん

    ネットセキュリティセミナー

    『ネットセキュリティ 基本の「き」~なにから?どこから?~』

    講師

    株式会社カスペルスキー コンシューマ テクニカル エヴァンゲリスト 保科 貴大 

ネットセキュリティについてと、女子力Upミニセミナーが一度で学べる
KASPERSKY After 7 Seminar。
今回のテーマは『ネットセキュリティ 基本の「き」』と『ポルトガル』。

ミニセミナー『もっと知りたいポルトガル!』からスタート。
ご登壇頂いたのは、
株式会社メルカード・ポルトガル 取締役、バイヤー 毛利 宏乃さんです。
今回はソムリエでもある毛利さんが自信を持って輸入・販売されている
ポルトガルワイン2種と、それに合わせた軽食と共に、
旅行先としても今人気を集めているポルトガルについてお話し頂きました。

毛利さんは2001年に日本初、そして唯一のポルトガル製品の
総合輸入代理店を旦那様と共に起業。
現在、ワインやオリーブオイル等を中心とした
ポルトガル製の食品をオンラインで販売されています。

「サウーデ!(乾杯)」の掛け声でセミナースタート。

先ずはよく冷えたヴィーニョ・ヴェルデ(グリーンワイン)で乾杯!

■どんな国?

ヨーロッパ最西端(ロカ岬)の国であるポルトガル。
東京都とほぼ同じ人口が日本の約1/4の国土に暮らしています。
歴史的にも日本との係わりが深く、今でも日本語として使われている
ボタン、パン、カルタ(手紙)などはポルトガル語が語源となっています。

そして、ポルトガルを漢字で『葡萄牙』と書く事からもわかるように、
ワイン造りが盛んな国であり、その起源は紀元前2000年に遡ります。
現在も、なんとフランスを上回り世界第1位のワイン消費国です!

さらに、ポルトガル第2の都市ポルトは
ヨーロッパで訪れたい町No.1にも選ばれており、
旅行先としても近年注目を集めています。
そんなポルトガルはどこを切り取っても絵になる景色や、街並みで
治安も良く、国民性もとても友好的。
東欧諸国と比べてその体格は小柄で黒髪も多く、日本人にも馴染みやすい国です。

ポルトガルの伝統調味料マッサ(赤パプリカのペースト)や、はちみつ、天日塩、缶詰とは思えないほど立派なイワシのオイル漬けなど、同社が輸入販売している食材を使った軽食とデザート。

■食べることが大好き!

穏やかな気候に恵まれ、さらに豊かな海に面するポルトガルは、
食事の時間も大切にする国民性を持ちます。
その為一日の食事量も多く、国民一人あたりのカロリー摂取量は
約3,500キロカロリー!(日本人は約2,000キロカロリー前後)
毎食きちんとテーブルセッティングをしてボリュームのある食事を摂り、
特に夕食は8時頃から何時間もかけて楽しみます。
加えて、食事の合間のおやつには卵を贅沢に使った甘いパンを好んで食べます。

日本と同じく米食分化を持つポルトガル。実は日本との共通点や係わりが深い。

お米の消費量もヨーロッパでもっとも多く、年間一人あたり約15キロ消費します。
(日本人は約56キロ)

そして、バカリャウ(干し鱈)も欠かせない食材の一つです。
大航海時代に長期保存食として塩漬けされたのが始まりで、
現在も国民食として300種以上の様々なレシピで食されています。
その為、一人あたりの魚介類の消費量は日本よりも多いそうです!

夏には旬のイワシを炭火焼きで食すなど、
他にも日本人に合う食文化が沢山あります。
将来的には日本からの直行便運行の計画もあるようですので、
是非一度ポルトガルを訪れてみてくださいね。

もっとポルトガルについて知りたい方はメルカード・ポルトガルさんの
ブログやコラムをお読みくださいね!
美味しいポルトガル料理や食材を使ったレシピも紹介されています。
メルカード・ポルトガル

続いて働く女性の為のネットセキュリティセミナー。
『ネットセキュリティ基本の「き」』。

初めてご参加の方もいらっしゃるので、弊社のご案内代わりに
セミナーにも同行している弊社マスコット『グリーンベア』をご紹介。

インターネットの守り神『グリーンベア』。

今も世界各国を冒険中です!#greenbearworldtrip
冒険譚はこちら ミドリクマの素敵な冒険

さて、ここからが本題のネットセキュリティのお話し。
皆さん、自分の情報にはどのくらいの価値があると思いますか?

カスペルスキー:保科 貴大

弊社(イギリス)でこのような実験を行いました。
ある人気デザイナーが手掛けたTシャツやマグカップを、
お金の代わりにあなたのスマートフォンに入っている写真やメッセージで購入できる
お店を開きました。さて、商品が欲しい人はお金の代わりにデータを渡せるのでしょうか?

データにはお金と同様に価値がある。来店された方はそのことを実感したようですね。
この様に、ネット上で無償提供されているサービスも、
ユーザーは個人情報をその対価として渡しているのです。
利用する際にはプライバシーポリシーなどを確認し、
自分の情報がどのように扱われるかを確かめるようにしましょう。

関連公式ブログ:
Data Dollar:ものと引き替えにプライベートデータを差し出せますか?

ここからが今回のメインテーマ『ネットセキュリティ基本の「き」』について。

■そもそも何から守るの?

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)では、
日常における情報セキュリティ対策にて、
家庭の利用者向けに以下7つの項目をあげています。

1.修正プログラムの適用
2.セキュリティソフトの導入および定義ファイルの最新化
3.定期的なバックアップの実施
4.パスワードの適切な設定と管理
5.メールやSNSでの不審なファイルやURLに注意
6.スマートデバイスのアプリ導入時の注意
7.スマートフォン等の画面ロック機能の設定

それぞれの項目に対してどのような対策が有効かというと、

1.修正プログラムの適用 → 脆弱性対策
2.セキュリティソフトの導入および定義ファイルの最新化 → ウイルス対策
3.定期的なバックアップの実施 → バックアップソフト
4.パスワードの適切な設定と管理 → パスワード管理
5.メールやSNSでの不審なファイルやURLに注意 → フィルタリングソフト
6.スマートデバイスのアプリ導入時の注意 → ウイルス対策
7.スマートフォン等の画面ロック機能の設定 → OSの設定

と、なります。
そして、ルーターを自宅で利用している方は5~6年を目安に買い替え、
ルーターの脆弱性を見直すようにしましょう。
でも、これだけ多いと二の足を踏んでしまいますよね。
何処から対策すればよいのでしょうか・・・。

■もっとも重要な対策って?

もっとも重要なネットセキュリティ対策とは何でしょうか?
総務省の国民のための情報セキュリティサイト
情報セキュリティ初心者のための三原則で重要な対策順に3つの項目をあげています。

1.ソフトウェアの更新
2.ウイルス対策ソフト(ウイルス対策サービス)の導入
3.IDとパスワードの適切な管理

上記の通り、
第一にソフトウェア(OS)の更新が何よりも重要です。
アップデートの通知が来たら『今すぐインストール』を選択しましょう。
そして、可能な限り最新の状態に更新しましょう。

2つめに重要な
ウイルス対策ソフト(ウイルス対策サービス)の導入
はどうでしょうか?
前回のセミナーでお話しした通り、
iPhoneにセキュリティ対策ソフトは基本的には必要ありません。
それ以外のデバイスにはセキュリティ対策ソフトを導入してくださいね。

最後に、3つ目の
IDとパスワードの適切な管理についてはどうすればよいのでしょうか?
各Webサービス毎に異なるID、パスワードを設定しましょう。
専用の管理ツールもありますので活用してくださいね。
そして、重要なサービスには2段階認証を設定しましょう。
2段階認証については4月のセミナーで詳しくお話ししましたので
こちらのレポートも参照してくださいね。

これら3つの対策が基本となります。
しっかり覚えておきましょう。

何事も基本が肝心。

●まとめ●
・ソフトウエアを更新
・ウイルス対策ソフトの導入(iPhone以外)
・IDとパスワードの管理
この3つを最低限行ってくださいね!

 

★セミナーにご参加頂いた皆さんからの感想を一部ご紹介★
『もっと知りたいポルトガル!』
・ポルトガルに行ってみたくなりました。
・来年の夏に行こうと思っていたので参考になりました。お料理も美味しかったです。
・料理も美味しく、とてもポルトガルに興味がわきました。
・ポルトガルに興味がわいてきました!
・おいしい料理とワインをいただきながらのお話しは良かったです。

『ネットセキュリティ 基本の「き」~なにから?どこから?~』
・内容が分かりやすく、ITオンチの私も理解できました。
・とても分かりやすく、面白い内容でした。
・気を付けるポイントが分かりやすかったです。
・セキュリティについてもっと学びたいと思いました。
・とても分かりやすく勉強になりました。

 

交流タイムでは講師への質問やご参加者同士での会話に花が咲きます。

お仕事帰りに嬉しい軽食&ワイン付♪お配りしているメモ用紙にはセミナーのポイントを書き留めて下さいね。

毎回軽食に合わせたワインもご紹介しています。今回はポルトガルの微発泡ワインと赤ワインを、セミナーと共に楽しんでいただきました。

 

KASPERSKY After 7 Seminarは気軽に楽しくしっかり学べるセミナーです。
皆様のご参加をお待ちしております!

#カスペ女性
*記載内容はセミナー開催時の情報です。