新着情報 NEWS

「ジュニアスマホ検定」2017年度版の提供を開始しました!

2017年06月06日

「ジュニアスマホ検定」はカスペルスキーのインターネットセキュリティ分野の知見と、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授の情報モラル教育の専門性をもとに2015年より共同で開発・展開している無料サービスです。

昨今、小中学生のインターネット利用の日常化に伴い、ネット依存、ネットいじめ、犯罪被害といったトラブルが増加しています。家庭や学校で子どものインターネット利用に関する基礎知識の習得度合いと利用状況を把握することや、その向上と改善への継続的な取り組みは不可欠となっています。

このような環境下での情報モラル教育の充実を目的とし、カスペルスキーと静岡大学はサービスの提供を通して、家庭と学校との両面からインターネットを利用する子どもたちへの教育を支援していきます。

 

■ 小中学生と保護者向け「ジュニアスマホ検定」

ジュニアスマホ検定は、小学校4年生から中学校3年生までの児童や生徒とその保護者を対象にしたWeb検定サービスです。質問はスマートフォンなどでのインターネット利用状況と、情報モラル全般(モラル、セキュリティ、法)を検定形式で出題します。子どもは受検を通じてインターネット利用時の基礎知識を学ぶことができ、保護者も同じ検定を受けることで子どもとの知識のギャップを把握できます。検定結果をもとに話し合い、スマートフォンの利用ルールを決めることにも役立ちます。2015年6月のサービス開始以来、延べ5300人以上の子どもが受検しました。

受検した子どもからは「思ったより難しかったが勉強になった」「知らない言葉がたくさん出てきた」や、保護者からは「知っていたつもりでも、間違えた問題があった」「子どもより点数が悪くて驚いた。もっと勉強しなくてはと思った」などの感想が寄せられています。

 

■ 2017年度版「ジュニアスマホ検定」の更新点

情報モラル全般(モラル、セキュリティ、法)について、現在のインターネットを取り巻く状況に沿った質問を加えました。例えば、モラルではスマホ依存や歩きスマホ、セキュリティではWi-Fi利用時の注意、ランサムウェア、法では替え歌に関する著作者人格権などです。

 

■ 小中学生と保護者向け「ジュニアスマホ検定」

対 象:小学校4年生から中学校3年生とその保護者

概 要:

  • 受検レベルは2種類あり、小学校4年生から6年生を対象にした「基本」は16問、中学生を対象にした「上級」は25問が出題されます。
  • インターネットの利用状況を尋ねる質問と、情報モラル全般(モラル、セキュリティ、法)に関する質問がランダムに出題されます。
  • 得点配分は100点満点中、インターネット利用状況が10点、情報モラル全般が90点です。(モラル30点、セキュリティ30点、法30点)
  • 受検結果が80点以上の場合は合格証書が表示され、印刷することもできます。
  • 会員登録して受検すると履歴が残せるため、理解度の変化を確認したり、正しい解答を学んだ上で再受検することができます。会員登録しなくても受検できます。
  • 保護者が子どもと同じレベルを受検することで、知識のギャップを把握し家庭での教育に生かすことができます。
  • スマートフォン利用時のルールが作成できます。印刷して家庭内で掲示し、ルールを守った使い方を意識することに役立てられます。

「ジュニアスマホ検定」公式サイト https://www.sumaho-kentei.jp