Kaspersky カスペルスキー Hybrid Cloud Security 仮想サーバー向けセキュリティ対策の決定版!

KHCSで解決できること

仮想環境のセキュリティを効率よく強化したい、Linuxに対応した仮想向けソリューションがない

ライセンス体系

Kaspersky Hybrid Cloud Securityには、以下5つのライセンスがあります。お客さまの環境により、最適な組み合わせでのご購入が可能です。

ライセンス名 主な使用用途 カウント方法 含まれるアプリケーション
KHCSデスクトップ
  • VDI環境に特化
仮想環境上のクライアントOS数 KSV Agentless
KSV Light Agent
KES for Linux(デスクトップのみ)
KES for Windows(PC用)
KHCSサーバー(Standard)
  • 物理仮想のサーバーOSを保護
  • AWS, MS Azure, Google Cloudに対応
  • vmware, Hyper-V, KVM, AHVに対応
  • Docker(Windows/Linux)の保護
仮想環境上のクライアントOS数
+物理サーバーOS数
KSV Agentless
KSV Light Agent
KS for Windows Server
KES for Linux
KES for Windows(サーバー用)
KHCSサーバー(Enterprise)
KHCS CPU(Standard)
  • 仮想OSの保護
  • vmware, Hyper-V, KVM, AHVに対応
仮想環境基盤の物理CPU数 KSV Agentless
KSV Light Agent
KS for Windows Server
KES for Linux
KES for Windows(サーバー用)
KHCS CPU(Enterprise)

※ KSV:Kaspersky Security for Virtualization
※ KS for Windows Server:Kaspersky Security for Windows Server
※ KES for Linux:Kaspersky Endpoint Security for Linux
※ KES for Windows:Kaspersky Endpoint Security for Windows

各アプリケーションの機能比較

KSVは仮想環境上のOS保護に特化したアプリケーションです。用途によりLight AgentとAgentlessを選択可能です。
また、Enterpriseを選択することにより、Windowsイベントログ監視やIPS/IDSが利用可能となります。

※WindowsOS保護の場合
2020年6月時点
仮想環境向け KSV
Light Agent
KSV
Agentless
Standard Enterprise Standard Enterprise
ファイル脅威対策 対応 対応 対応 対応
ヒューリスティック分析 対応 対応 対応 対応
ふるまい検知 対応 対応
脆弱性攻撃ブロック 対応 対応
メール脅威対策 対応 対応
Web脅威対策 対応 対応
ネットワーク脅威対策 対応 対応
ファイアウォール 対応 対応
ランサムウェア対策 対応 対応
ファイル/システム変更監視 対応
Windowsイベントログ監視 対応
IPS/IDS 対応
アプリケーション起動制御 対応
デバイス制御 対応 対応
Webフィルタリング 対応

サーバーOS保護向けのアプリケーションである“KS for Windows Server”と”KES for Linux”は
用途によりStandardとEnterpriseを選択可能です。

2020年6月時点
サーバーOS向け KS for Windows Server KES for Linux
Standard Enterprise Standard Enterprise
ファイル脅威対策 対応 対応 対応 対応
ヒューリスティック分析 対応 対応 対応 対応
ふるまい検知 *1 *1 対応 対応
脆弱性攻撃ブロック 対応 対応
メール脅威対策 対応 対応
Web脅威対策 対応 対応 対応 対応
ネットワーク脅威対策 対応 対応 対応 対応
ファイアウォール 対応 対応 対応 対応
ランサムウェア対策 対応 対応 対応 対応
ファイル/システム変更監視 対応 対応
Windowsイベントログ監視 対応
アプリケーション起動制御 対応 対応
デバイス制御 対応 対応 対応 対応
Webフィルタリング 対応 対応
Dockerコンテナスキャン 対応 対応

*1:Windowsサーバーでふるまい検知をご希望の場合、KESB SelectまたはAdvancedをご利用ください。

仮想環境下におけるKSVイメージ(Light Agent)

保護の仕組みが従来製品と全く違います。

1 主要なハイパーバイザーのサポート、2 すべてのVMに最適化された高度な保護、3  HIPSと脆弱性攻撃ブロック、4  VMのためのマルチレイヤーコントロール、5  VDIに最適化されたセキュリティ強化、6  耐障害性と最適化の実装、7  リソース使用量の軽量化

仮想環境下におけるKSVイメージ(Agentless)

1 	1.	スキャンパフォーマンス最適化、2 	2.	VMware NSXとの連携による拡散防止型セキュリティ、3 Windows、LinuxゲストOS対応、4 	4.	オフラインVMデータのスキャン

さらに詳しく

■製品説明資料 ※KHCSに含まれる各アプリケーションの機能詳細

ダウンロードサイト

各種リンク

■製品サポートURL ※オンラインヘルプ、バージョンごとのシステム要件、トラブルシューティングなど

キャンペーン情報

価格表

TOPへ