クラウド基盤利用の場合はKSC CCにお任せ!

300ユーザー以上でKESBシリーズのライセンスを新規ご購入いただいたお客様には
無償でご提供しているクラウド管理基盤の「KSC CC」のご利用が可能です。

Kaspersky JAPANがクラウドで提供するKSC管理コンソール
通称「KSC CC」
Kaspersky Security Center Cloud Console

●管理コンソール

 クラウド上のサーバーに
 Webブラウザでアクセスして使用

●対応製品ライセンス

 ライセンス数 : 300以上
 対象製品 : KESB Select・Advanced
 KEDR Optimum

●ユーザーインターフェース、オンライン
 ヘルプの言語

 管理:日本語
 PC:日本語
 

KSC CCの4つの利点
~KSC CCはすぐに利用可能で、追加費用が発生しません~

01.

サーバー機器の調達や構築が不要、導入開始からすぐに利用可能

02.

サーバー機器の監視やメンテナンス作業が発生せず、運用負荷を軽減

03.

クラウドで提供されるため、オフィス外でもセキュリティ管理が可能

04.

KESBシリーズ・KEDR Optimumを300ライセンス以上購入いただくだけで、追加費用なし!

KSC CCの利用イメージ
~クラウドだからどこからでも使えます~

オンプレ管理コンソール(MMCベース)との違い

機能またはプロパティ Kaspersky Security Center
オンプレ(MMCベース)の管理コンソール Kaspersky Security Center Cloud Console(KSC CC)
管理サーバーの場所 オンプレミス Cloud
データベース管理システム(DBMS)の場所 オンプレミス Cloud
Webベースの管理コンソール 対応
管理サーバーとDBMSのメンテナンス お客様による管理 カスペルスキーが管理
管理サーバーの階層 対応 対応
(KSC CCの管理サーバーは、階層内のプライマリ管理サーバーとしてのみ機能し、ポリシーとタスクの監視にのみ使用できます)
管理グループ階層 対応 対応
オンプレミスのKasperskySecurityCenterからKaspersky Security Center Cloud Consoleへの管理対象デバイスと関連オブジェクトの移行 対応
ネットワークポーリング 対応 対応
(配布ポイントのみ)
管理対象デバイスの最大数 100,000 25,000
Windows、macOS、およびLinux管理対象デバイスの保護 対応 対応
モバイルデバイスの保護 対応 対応
(Android用のKaspersky Endpoint Securityのみがサポートされています)
パブリッククラウドインフラストラクチャの保護 対応 対応
デバイス中心のセキュリティ管理 対応 対応
アプリケーションポリシー 対応 対応
Kasperskyアプリケーションのタスク 対応 対応
カスペルスキーセキュリティネットワーク 対応 対応
KSNプロキシ 対応 対応
(配布ポイントのみ)
カスペルスキープライベートセキュリティネットワーク 対応
Kasperskyアプリケーションのライセンスキーの集中展開 対応 対応
管理対象デバイスを別の管理サーバーに切り替える 対応
(別の管理サーバーに切り替えるには、管理対象デバイスにネットワークエージェントを再インストールする必要があります)
仮想管理サーバーのサポート 対応 対応
サードパーティのソフトウェアアップデートのインストールとサードパーティのソフトウェアの脆弱性の修正 対応 対応
(サードパーティのソフトウェアの脆弱性を修正するために、推奨される修正のみをインストールできます)
管理対象デバイスで発生したイベントに関する通知 対応 対応
暗号化管理 対応 対応
(BitLocker暗号化のみを使用できます)
ユーザーアカウントの作成と管理 対応 対応
データベース内のイベントの最大数 400,000
(最大45,000,000まで増やすことができます)
400,000
(管理対象デバイスの数によって異なります)
SIEMシステムとの統合 対応 対応
(Syslog形式とTLS over TCPプロトコルのみを使用)
管理サーバーをWSUSサーバーとして使用する 対応
ポリシーとタスクのステータスの監視 対応 対応
お問い合わせはこちら

TOPへ